coyote NO.63 「串田孫一のABC」


詩人、哲学者、随筆家、翻訳家であり登山、音楽、絵を通して知に戯れた義父・串田孫一の特集が、11/22 日に全国発売されます。

その多才な仕事をAtoZ にし、長男・串田和美による父への随想や、わたしが18年前にローライフレックスで撮影した義父の書斎でのポートレート、また孫一の妻・串田美枝子へのわたしからのこの夏の問われ語りも掲載されています。多方面から串田孫一を捉えたものになっており、山を、詩を文学を、音楽を絵を、家族を愛する人すべてに読んでいただきたいものとなりました。

真っ赤な表紙にオオカミの絵は、串田孫一が23歳の時に出版した『乖離』の表紙にもなった本人画によるもの。

文化村シアターコクーンで上演中の串田和美演出・美術・出演による舞台「24番地の桜の園」(チェーホフ原作)では、この『乖離』の一節を朗読するシーンがあります。この本は「吹雪の大晦日だ。屹度露西亞はこんなだろう」という冒頭に始まるのです。

「串田孫一のABC」も「24番地の桜の園」も、奥深く多層的な、美しい、わくわくする自由に満ちたものとなっています。

#book

Feature
Recent Post
Archive
Tag
まだタグはありません。
SNS
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square